ハマグリのご紹介

ハマグリ

ハマグリは日本を代表する貝で、昔は三重県が代表的な産地でした。
現在は有明海が産地になっていますが、一般的に流通しているハマグリはシナハマグリといって日本古来の品種とは違います。

 

スポンサードリンク

 

ハマグリ
ハマグリの模様はあさり同様様々なハマグリが生息していますが、皆表面がつるっとしているのですぐに分かります。
写真で見てもちょっと光った感じが見て取れると思います。

ハマグリの取り方

ハマグリはあさりより深いところに生息していますので、ちょっと深い目に掘ってみると出会うことがあります。
ただなかなか大きくならない貝で、8cm級のハマグリを見つけたら、よっしゃーって叫んで大丈夫です。

 

3、4cmぐらいのハマグリは結構居ますが、子供なのでおいておきましょう。
やっぱり目安は5cm以上といったところです。

 

自然を大切に潮干狩りを楽しみましょう。

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

あさり
あさりの取り方から高級あさりまで、潮干狩りの王様です。
おいしいあさりの見分け方
潮干狩りでうまいあさりを採る方法を伝授!これであなたも潮干狩り名人です。
マテ貝
マテ貝の紹介から捕まえ方を案内しています。
バカ貝(青柳)
バカ貝の砂抜き方法などの紹介です。
赤貝
重県の潮干狩り場でも赤貝は採れます。三重県の潮干狩り場でも赤貝は採れます。
大あさり(ウチムラサキ貝)
大あさりの炭火焼をぜひお召し上がりください。
かに
潮干狩りをしていると結構かにに出くわします。